コロナ関連ニュース ネット・IT

テレワーク支援サービス 一部にトラブルも 新型コロナ影響

2020年5月2日

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにテレワークが急増したことで、IT企業が提供するテレワークの支援サービスの一部にトラブルも起きています。

NTTコミュニケーションズは、企業のテレワークを支援するために社内のネットワークに接続できるシステムや電話会議を行うシステムなどを提供しています。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大後、利用者が急増してアクセスが集中したことで、一部のサービスで通信速度に遅れが出たり途中で切れたりするトラブルが起きているということです。

このため会社は新規の申し込みの受け付けを一時停止し、設備の増強を急いでいるとしています。

またIT企業のTISでも、およそ400社が利用しているテレワークを支援するシステムにトラブルが生じ、先月半ばからサービスを一時停止しています。

利用者の急激な増加でシステムに負荷がかかったためと見られ、会社は詳しい原因を調べるとともにサービスの再開を急いでいます。

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、企業の間でテレワークの導入が一気に広がったことで安定したIT基盤の提供に課題も出た形です。

(引用:NHK NEWS WEB)

ココがポイント

通信を使用したサービスが必ずと言って良いほど陥ってしまう問題ですが、今起きていることは、それだけ「テレワーク」の導入が一気に進んでいるということの裏返しです。
コロナショックを契機にアフターコロナでも大きく変わって行くことの一つが「働き方」ということになりそうです。

-コロナ関連ニュース, ネット・IT

Copyright© 経営サポートサービス特別版 , 2020 All Rights Reserved.