政治・経済 コロナ関連ニュース

消毒液の代わりにアルコール高濃度の酒使用認める 厚労省

2020年4月13日

新型コロナウイルスの感染拡大で、アルコール消毒液が不足していることを受けて、厚生労働省は、アルコール濃度が高い酒を消毒液の代わりとして使用することを特例として認めることを決めました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために必要なアルコール消毒液は、供給が追いつかず、各地の医療機関や高齢者施設から対策を求める声が出ています。

これを受けて厚生労働省は、やむをえない場合にかぎり、酒造メーカーがつくるアルコール濃度が高い酒を消毒液の代わりとして使用することを特例として認めることを決め、全国の医療機関などに通知しました。

具体的には、アルコール濃度が70%から83%の酒を対象とし、これより濃度が高い酒は、殺菌効果が落ちるため薄めて使うよう求めています。

この濃度に該当する酒はウォッカなどで、酒造メーカーでは、消毒液の代わりとして使用することを想定した製品の製造も始まっているということです。

厚生労働省は「主に医療機関での消毒液の不足を解消するための特例措置であり、一般の家庭では、引き続き、手洗いの励行を続けてもらいたい」と話しています。

(引用:NHK NEWS WEB)

ココがポイント

マスク同様に手に入らないのが消毒液ですが、これは医療現場でも同様で、今回の特例措置が行われようです。
事業や店舗を継続する上で消毒液が必要であるにもかかわらず入手困難な場合は、一時的な措置として同様の高濃度アルコールで代用しましょう。
ただし、必要以上の買い占め等は控えましょう。

-政治・経済, コロナ関連ニュース

Copyright© 経営サポートサービス特別版 , 2020 All Rights Reserved.