政治・経済 コロナ関連ニュース

きょうからステップ3で休業要請緩和 19日に事実上全面解除へ

東京都は、新型コロナウイルスの対策本部会議で、感染拡大に警戒を呼びかける「東京アラート」を解除したうえで、12日午前0時に休業要請などの緩和の段階を「ステップ3」に進めることを決めました。また、今月19日から接待を伴う飲食店やライブハウスが営業を再開できるようにすることも決め、これにより休業要請などは、事実上、全面的に解除されることになりました。
東京都は11日午後8時45分から、小池知事や幹部職員が出席して新型コロナウイルスの対策本部会議を開きました。

この中で、11日、都内で新たに感染が確認されたのが22人だった結果、都が設定した感染の状況を示す3つの指標すべてで、「東京アラート」を解除する場合の目安の数値を下回ったことが報告されました。

そのうえで、医療体制も十分確保できているなどとして、今月2日から出していた「東京アラート」を解除し、休業要請などの緩和の段階を今の「ステップ2」から12日午前0時に「ステップ3」に進めることを決めました。
これにより、居酒屋などの飲食店の営業も翌日の午前0時まで可能になるほか、カラオケ店なども営業できるようになります。

さらに、対応が決まっていなかった接待を伴う飲食店やライブハウスを新たに「ステップ3」に含め、今月19日から営業を再開できるようにすることも決めました。

また、飲食店の営業時間短縮の要請も今月18日で終了することになり、翌19日からは休業要請などが事実上、全面的に解除されることになります。

このほか、11日の会議では、感染の第2波に備えて「検査・医療体制の構築」や「『新しい日常』を実践する経済社会活動への支援」を柱とした、都の新たな対応方針も確認しました。

(引用:NHK NEWS WEB)

ココがポイント

東京アラートが解除され、本日から休業要請緩和もステップ3へと移行し、来週19日には全面的な緩和となる見込みです。
東京アラートに意味があるのか?といった声も大きくなってきましたが、東京アラートという仕組み自体には大きな意味はなかったと思います。
しかし、東京アラートという仕組みがあることで、それがメディアに乗り、結果的に緩みの防止につながっていることは事実です。
メディアを意識した政策としては意味があるのではないでしょうか?
いずれにせよ、都知事自らが述べられたように、これからは「自粛」から「自衛」のステージに入ったということに違いありません。
個々のアイデアと行動力を持って「自衛」し、コロナとの共生を図らなければなりません。

-政治・経済, コロナ関連ニュース

Copyright© 経営サポートサービス特別版 , 2020 All Rights Reserved.