コロナ関連ニュース ビジネス

マクドナルド 「特定警戒」13都道府県で客席利用 終日中止へ

2020年4月19日

新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向けて日本マクドナルドは、特に重点的な取り組みが必要とされる「特定警戒都道府県」にあるすべての店舗について、20日朝から店内にある客席の利用を終日、中止することを決めました。
日本マクドナルドの発表によりますと、「特定警戒都道府県」にあるすべての店舗について、20日午前5時から来月6日まで店内にある客席の利用を終日、中止することを決めました。

対象となるのは「特定警戒都道府県」の東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、福岡県、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、それに京都府の合わせて13にあるおよそ1910店舗で、すでに臨時休業している一部の店舗は除くとしています。

これらの地域では、持ち帰りに加えて、店舗によってはドライブスルーや宅配でも営業するとしています。

日本マクドナルドはこれまで東京や大阪など8都府県の店舗で午後8時から翌朝5時まで店内にある客席の利用を中止するなどの対応を取ってきましたが、感染拡大の防止に向けて対象の地域と時間帯を拡大することにしました。

(引用:NHK NEWS WEB)

ココがポイント

いよいよマクドナルドも実質上「テイクアウト&宅配」に専念する形となりました。
もはや小規模、大規模関係なく、今、飲食店が休業せず営業を頑張るには、この戦略しかないとも言えます。
どうか、「今更遅い」「うちのテイクアウトなんか」などと尻込みせず、積極的にチャレンジしてください。
そして、店頭やSNS等を利用して「テイクアウトや宅配を行なっている事実」を強くアピールしてください。

-コロナ関連ニュース, ビジネス

Copyright© 経営サポートサービス特別版 , 2022 All Rights Reserved.