コロナ関連特集

ピンチをチャンスに変えるための助成金3選

今後を見据えた持続系の助成金でピンチをチャンスに

コロナショックの経済対策の一環として、政府や自治体等から様々な助成金が発表・検討されています。
どうしても今を乗り越えるための緊急融資や給付金ばかりが話題になりがちですが、「今後を見据えた持続系の助成金」も存在します。
その一部を紹介いたします。
今を乗り越えると同時に、この変化を受け入れて、ピンチをチャンスに変えましょう。

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」は、中小企業・小規模事業者等が、今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む「革新的サービス開発」「試作品開発」「生産プロセスの改善」を行うための設備投資等を支援するものです。
新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える特徴的な影響を乗り越えるために前向きな投資を⾏う事業者向けに、補助率を引き上げた「特別枠」が設けられています。

宅配・テイクアウトの初期費用助成金(東京都)

都が外出自粛を呼びかけていることに伴って客数が減少している飲食店を支援するため、新たに宅配やテイクアウトのサービスを始める場合に、必要な車両などの購入費やテイクアウト用のカウンターや窓口を設置する際の工事費やなどを100万円を上限に費用の5分の4を補助する方向で進められています。
近く、正式な発表がありますので、東京都のホームページなどでご確認ください。

テレワーク助成金(東京都)

東京しごと財団では、新型コロナウイルス感染症等の拡大防止および緊急時における企業の事業継続対策として、テレワークを導入する都内の中堅・中小企業等に対して、その導入に必要な機器やソフトウェア等の経費を助成しています。

-コロナ関連特集

Copyright© 経営サポートサービス特別版 , 2022 All Rights Reserved.