社会・暮らし コロナ関連ニュース

「牛乳やヨーグルトもう1つ多めに買って」農水省呼びかけ

2020年4月21日

学校給食の取りやめなどで牛乳や生クリームの需要が大きく落ち込んでいることから、農林水産省は各家庭で牛乳やヨーグルトをふだんより1つ多めに買ってほしいと呼びかけています。
学校給食の取りやめや緊急事態宣言を受けたカフェやレストランなどの休業の拡大によって、業務用の牛乳や生クリームなどの乳製品の需要が落ち込んでいます。

乳業メーカーへの聞き取りでは家庭向けの牛乳などの販売は伸びているものの、原料となる生乳の需要はこの時期の生産量の10%余りにあたる7万トンから9万トンが減ると推計されています。

これについて江藤農林水産大臣は21日の記者会見で「生乳の生産量は6月に向けて増加するが、需要の落ち込みで生乳が行き先を失うことが懸念される。買い物の際に牛乳やヨーグルトをふだんよりもう1つ買ってもらえれば、酪農家の生産を守ることになるので協力をお願いしたい」と呼びかけました。

このほか農林水産省は生乳の廃棄をなくすため19億円の予算を確保し、チーズやバターなどの製造を増やしたメーカーに協力金を支給することにしています。

(引用:NHK NEWS WEB)

ココがポイント

個人事業・中小企業を問わず、飲食事業を中心に、このようなニュースをヒントに新たな試みに是非チャレンジしてみてください。
ちょっとしたアイデアが、現状打破の切り札になるかもしれません。

-社会・暮らし, コロナ関連ニュース

Copyright© 経営サポートサービス特別版 , 2020 All Rights Reserved.