コロナ関連ニュース ネット・IT

政府 “濃厚接触者を把握”アプリの導入検討 近く実用実験へ

2020年4月13日

新型コロナウイルスの感染拡大で、政府は感染した人の濃厚接触者を速やかに把握するため、スマートフォンの通信機能を使って接触者をリスト化できるアプリの導入を検討していて、近く実用実験に乗り出すことにしています。

政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止に情報通信技術を活用するため、スマートフォンの通信機能を使って、感染した人の濃厚接触者を把握できるアプリの導入を検討しています。

このアプリはシンガポールで開発・導入されているもので、アプリを入れたスマートフォンを持っている人どうしが一定の距離に近づくと、相手の電話番号を暗号化したデータを互いに記録します。

そして、仮にアプリを利用している人が感染した場合、政府の担当者が記録されたデータを解析して濃厚接触者を洗い出す仕組みです。

政府は民間団体による日本版の開発を待って、近く実用実験に乗り出すことにしています。

ただ、個人情報保護への配慮などの課題もあることから、どのような運用が可能かは慎重に検討する方針で、竹本IT担当大臣は「スピード感が必要なので、すぐに取りかかりたいが、アプリの利用が広がらなければ効果は上がらない。国民感情も十分に加味したい」としています。

(引用:NHK NEWS WEB)

ココがポイント

先日、この手のアプリがアップルとグーグルが共同開発されることが話題になりましたが、既にシンガポールで開発・導入されているアプリの活用を検討しているようです。
コロナの感染対策が比較的上手くいっている国の共通点に「ITの活用」が挙げられます。
実際に運用がどうなるかは別として、政府がこのような分野で前向きに動いていること自体は評価できると思います。

-コロナ関連ニュース, ネット・IT

Copyright© 経営サポートサービス特別版 , 2020 All Rights Reserved.