コロナ関連ニュース ネット・IT

大手予備校や塾 オンライン授業強化の対応進める 新型コロナ

2020年4月7日

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大手予備校や塾では、オンラインでの授業を強化する対応を進めています。

このうち「駿台予備学校」は、首都圏や近畿地方などで8日から4週間余りにわたって授業を中止し、休校にする一方で、個別指導が受けられるオンラインのシステムを活用するとしています。

「河合塾」は、首都圏と近畿地方、それに福岡県では、ふだん行っている対面での授業を中止し、代わりに来週15日から3週間、パソコンやタブレットを使ったオンライン授業を行うということです。

「東進ハイスクール」と「東進衛星予備校」では、緊急事態宣言が出された7都府県では校舎を使わず、自宅でのオンライン授業だけにするということです。また、受講生でない高校生にも、一部のオンライン授業を無料で公開する取り組みを始める予定だということです。

大阪府内と奈良県内で学習塾を展開する「類塾」では、保護者の意見を聞いたうえでオンラインでの授業の実施などを検討するとしています。

(引用:NHK NEWS WEB)

ココがポイント

これまで行ってきたサービスやその一部をこの機会に「オンライン化」できないか検討することは、今を乗り切るために重要な要素となります。
ITリテラシーの低い個人事業主や中小企業経営者様にとって「オンライン化」するのに多額の費用がかかるイメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、やり方次第では、無料・または低額なシステムやサービスを使用することで簡単かつ迅速にできる場合もあります。
当社や専門家に是非ご相談ください。

-コロナ関連ニュース, ネット・IT

Copyright© 経営サポートサービス特別版 , 2020 All Rights Reserved.