コロナ関連コラム

【新しい日常コラム】日本人の良さがなくなってしまうかもしれない-①

先日、スーパーで買い物をしているときに実際にあったことです。
私がスナック菓子を選んでいると、隣にいたご婦人が棚から商品を落としました。
私の方に転がってきたので、それを拾って渡してあげました。

こんな出来事があると、今までは「有難うございます。」と言われていたと思います。
が、今回はサラッとしたお礼もなく、逆にちょっと嫌な顔をされました。
この人だけちょっと変わった人なのかな?と思いましたが、

はっとあることを思い出しました。

20年以上も前の話です。アメリカ国内で飛行機移動するときの手荷物のX線検査での出来事です。
そのときは、トレーにバッグのチャックを開けて(中身が見れるように)ラインに載せるやり方でした。
私の前で検査をご婦人(このときもなぜかご婦人)のバックがラインから落ちで中身が散乱しました。

なぜか回りの人は一切拾ってあげません。
日本人の私は、拾ってあげようとしました。

すると何が起きたのか…

そのご婦人が、ものすごい剣幕で私にまくしたてます。
びっくりしたので、何もせずに素通りしました。
そのとき何を叫んでいたかというと、こんなことでした。

  • 私の荷物に触るな
  • あの男性(私)が私のものをとろうとしている
  • あの男性が盗んで私の〇〇がなくなった

スーパーでのご婦人は、ひょっとしたら私が新型コロナ感染者かもしれないから「触らないで」ということだったのだと思います。
スーパーでのご婦人、飛行場でのご婦人も、ちょっと変わった人だったのかもしれません。
が、どちらの出来事も「さわるな」ということだったのでしょう。

新型コロナによる新しい日常生活の中で、ひょっとしたらこれまでの日本人の良さであるちょっとしたお手伝いや手助けがなくなってしまうのではないかと思って心配になります。

-コロナ関連コラム

Copyright© 経営サポートサービス特別版 , 2020 All Rights Reserved.